めぐり逢えた瞬間[とき]から 魔法が解けない
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
心で感じるんだ魂で感じろ
 
3月17日に発売したTHE BAWDIESのニューシングル、その名も「HOT DOG」。17日に届いてからというもの、頭の中はHOTDOGでいっぱいです駆け巡っているのです頭の中をアツアツのHOTDOGが!!!!!そう、CDは初回盤を買いました。そしてなんと今回はアナログ盤が出るって事で!はい。ロックスリーとのコラボでレコードも出しちゃってて。限定1000枚のレコードも買ってしまいました!まぁ、家のレコードが音楽が聴ける状態なのかもわからずに(笑)あるということだけ確認して購入。あんなのがこの家のどこにあるのかなーなんて思ってまして。まあね、聴けなかったとしてもだよ、部屋に飾っておくだけでインテリアにでもなるじゃない!この粋なデザイン!嗚呼、文句なし。そしてそして結果……しっかりHOTDOGをレコードで聴くことができましたーうえーい!屋根裏にあるんですけどね、もうね、一人で踊り狂っていた(!)(!)(!)あのノリのよさは半端じゃない!!!!『踊れる!踊れる!Dancin' to the R&R music!!』この言葉は嘘ではなかったんだと気づいたのであった!レコードで初めて音楽を聴いたってのもすごく気分が上がるし、またその上ぼぅでぃーずのアツアツHOTDOGときたらもうね!!!!本当に心から生きてて良かったーって思ったんですね、たったそれだけなのにね(笑)単純なんす、人一倍単純なのかも知れないっすね。今あたしの中で一番熱いものといったらきっとTHE BAWDIESでしょうな。申し訳ないけど、これは正直に言います、完全に浮気ですねこれは。ちょっとしたお遊びどころじゃなくなってきちゃったから白状。

で、今はそのCDのほうの初回特典のDVDを見ていますやっと!もう本当になんだろうな〜すごいんだよな〜すごいんだよ〜素敵なんだよ〜こんなバンドないだろ〜。と、溺れに溺れまくっています誰か助けてください……、あ、やっぱいいです今は溺れていたいのです← DVDはPVではなく、今までのいろいろなライヴ映像だったりレコーディング風景だったりインタビューだったり…。たった60分程度の映像なんだけれど、いろんな意味で勉強になりました。そしてもっともっとTHE BAWDIESというロックンロールバンドの魅力を知ってしまいました。あたしが彼らのサウンドに初めて触れたのは、今年1月24日に開催されたオンタマカーニバルでした。それまでは名前は聞いたことがあったものの、彼らの音楽にはまったく触れたことがなく。どのようなジャンルをルーツにしているのかも全く無知で。そんな状態で初めて耳にした、THE BAWDIESのロックンロールミュージック。……あたしはあの短すぎるほどの数十分の彼らのステージ、ロックンロールパーティーを目の当たりにして一瞬でこの人達の虜になってしまったのです。あたしが堕ちたのは、まぎれもなくTHE BAWDIESの「サウンド」なんだけれど。それ以上に心を打たれたのが、彼らのパーティーのやり方、彼ら独自のスタンス。ROYの言葉で一番印象に残っている言葉……「周りなんて関係ないんです、いいですか、自分の思うがままに、耳で聴くのではないんです、魂で感じるんです。」あの一言が本当に心にずしーんときた。そうだ、自分が歌いたいように歌い、自分が踊りたいように踊り、自分の感じるリズムで手を叩く。ROYのその一言で気づかされたのです。とはいっても、「そんなのはかっこつけるために言葉がそう出るだけ」と思う人が居るかもしれないけど、違う、彼らはこの一言の言葉をしっかりとしっかりと考えてこうやって口に出して伝えただろうと確実に思える。わかったから、そう、彼らのあの音楽を聴けば、わかる、届く。

DVDにもこういうような言葉があるんだけど、「きょうはもうただ楽しむだけでいいんです!いいですかぁぁぁぁぁ!!!!」。こんな言葉、実際どんなバンドでも口にできる言葉だけどさ、ぼうでぃーずのこの言葉は本当に伝わってくるんだ。(…あ、ただあたしが今堕ちすぎているからなのかな)。あたしは、最近、ライヴってのはそういうもんだと考え始めて。楽しんだ者勝ちなんですね、もう周りなんて関係ないんです。でもこの「関係ない」っていうのは、その…無視をするというわけではないんです。だって無視をしてしまったら居ないこと、そしたらライヴが成り立たないじゃないですか。一人では成り立たないものなんですからライヴってもんは。このROYが口にする「関係ない」っていう言葉はすごく深くて説明のしようがないかもしれない…。でもその意味を深く掘り下げて解釈する意味はない、それがぼうでぃーずのスタンスなんじゃないかと思ったりする。とにもかくにも言わせりゃ「心で感じろ、魂で感じろ」という訳です。あぁ、それが口だけじゃなくってこうやって音楽にそれが出ているからかっこいいんです、飛びぬけて魅力を感じるのです。そしてもうひとつの魅力、「家族のようなメンバー」。なーんてことを自分たちで言っちゃっているところがまた愛しいんですが(笑)「席がいっぱい空いていても、必ず隣に座る」「俺らの出すグルーブ感ってのはテクニックとは別で、いつも一緒に居るような家族が出すようなグルーブで、それがぼうでぃーずのひとつの魅力。」……あー、これって某グループに重なるところがあるわ〜とか思っちゃったりね、やっぱしね、そこはね、忘れているわけじゃないんですってば(笑)つくづく、こういうの好きなんだな〜って思いました(笑)

ではではこれから、きょうが公開最終日の映画を一本観に行って来たいと思います。やばいです急がないと間に合いません!

音楽 comments(0) -
時は止まらない戻らない

さーて新年一発目。あけましておめでとうございます今年もよろしくどうぞ。

突然ですが、エイブルの新しいコマーシャル見ました?!うふふふふふ。きのう偶然リビングのテレビでお見かけできたんですけれどもうはー!!!!なんて素敵なCMなんでしょうかーうあー。曲がね、そう、BGMが、Timeから引っ張り出してきたLIFEってのはどこかで聞いて知ってたんですけどね、いざこうやってCMで流れると。っていうか不意打ちで流れちゃったりしちゃったからさぁもう感動しちゃったよね。だから流れるLIFEにあまりに感動しすぎて、映像というか、出ている翔さんの記憶があまりないんだけど。赤ピンクみないパーカ着てたのかな?で自転車のタイヤを替えてたんだよね。なんか新生活始めました☆みたいな。全体的に映像の色調をソフトにしていたせいか、ふわふわしたさわやかなイメージでした。いいんでないでしょうか、先取り春気分。いいですよね、早春って季節。早春ラプソディ〜つって^O^意味わかんなくなってきてるけど、とりあえず捕獲したいですよね、それでRepeatしたいです。エイブルのCMっていつ以来?んん?冬のホワイトダッフル以来?とにかくお久しぶりだよね、ありがとうございます。通学途中、毎日見かけるあの等身大?パネル、何か変化がほしいんだけどな(笑)



すごく久しぶりに本屋に行きました。テレビ誌買うのすごく久しぶりー。最近めっきり買わなくなったよね。でもね新ドラマをチェックするのはやっぱりテレビ誌じゃなきゃ嫌っていうこだわりがあって。買わざるをえない時期だった(笑)テレビガイド表紙だったんだ、偶然?みたいな(最低、もう最低すぎるぜ)そ、テレビ誌は念のため2冊買ってきた。BPASS、PATIPATI、CDでーたは初めて買いました!祝!占めて3000円也!すごーいこれ仕事終わりの結構なストレス発散なりますよー(笑)もうさ、この音楽誌3誌とも言わずもがな「フラン表紙」なのよ!!!!!!並んでいるのみたらものすごく
テンション上がってしまって!!!!!!びっくりするくらい心の中でキャーキャー言ってんのね(笑)地味に結構(矛盾)フラン熱上がってんのね。BPASSの表紙とか実物、超カッコいいぜ超素敵だぜふらんぷーる!!!!!「まさにflumpool」な表紙イメージ、やばい。最近いやにかっこいいな、超絶かっこいいな。なんかJROCK誌みたいなもんだよね、フラン以外のページも面白そ。ヴィジュアルはわかんないけどJROCKも近頃さらに熱が上がっているのでじっくり読んでやろうと思います。暇があるかはわかりませんが。お値段以上に、ニトリみたいに楽しんでやります。あ、そうそう、ふとBPASSのバックナンバーのページ見てたらさ09年8月・10月かな、掲載アーティストに嵐って
載ってんのね!!!!!うえー!!!なんだそれー!!!とか思ったんだけど。まったく知らなかったよね。少しでも5人のネタが載ってたのなら、そしてこのBPASSなら必ず買ってたよね。なんでだろー?チェックし忘れたかぁ、ちくしょう(!)そんなこんなで3誌共々についていたポスター…さっそく壁に貼ってしまいますか(爆笑)…だってあと少しなら…スペース余ってるよ?



EXILE/愛すべき未来へ*サカナクション/シンシロ*a flood of circle/PARADOX PARADE*ゴスペラーズ/Love Notes*フジファブリック/CHRONICLE*スキマスイッチ/ナユタとフカシギ.....また借りたくなったので訪れてみました。エグザイルのはもうレンタルピークはおさまったようで結構在庫あったので借りてみました。エグザイルのアルバムはいい意味でとりあえずチェック必須。ゴスペラーズのラヴノーツ2!!!!これ初っ端からやばいねーうおー!!!!!攻めすぎでしょうが!!!もうね、よみがえるの28日が(号泣)永遠に、ひとり。やーばーいーこの人たちすごいややっぱりー。この時期にピッタリのアルバムかと思われます。ゴスペラーズのアルバム曲は初めてなんでちょっとドキドキします(笑)サカナクション、なんとなく気になったから借りてみた。試し聴きしてみていいなって思って。最近色んなところでこの可笑しな名前聴くからどんなんなんかなーって思って。そしたら5ピースバンドで2女子なのね!!!!知らなかったわー驚き(!)冒険気分で聴いてみます。a flood of circle、28日にタイムテーブルがフランの前だったってとこからの出会い。凄かったからなぁあのライヴパフォーマンス?!凄かったんだよとにかく、それでなんか虜になってしまって。特にどんぴしゃな音楽ってわけでもないんだけどやっぱり生の力ってすげーなって思います。顔も名前も全く知らないのに、あの日一緒にライヴをつくったというだけで好きになってしまった。すごく不思議な気になる存在、まだまだ謎多しな3ピース。ナユタとフカシギ、やっと借りてきました!!!大宮ソニックの為にしっかり予習するからね!!!あーめっちゃ楽しみじゃんかーくーっっっ!!!← なんかスキマの曲聴くのすごく久しぶりだからちょっと緊張するかもしれない。でもスキマの曲は聴きやすい曲が多いと思い込んでいるので入りやすい、ウェルカムな感じがすると勝手に思ってるだけだけど。

…さて変わりまして、フジファブリックのCHRONICLE。借りてきてしまった。どうしようかと思ったんだけど。野次馬みたいにはなりたくないなって思ってたんだけどさ。でもね、そんなん考えて音楽って聴くもんじゃないなって思って。自分の聴きたいの聴いて何か悪いか?って結論、フジファブリックが、今は亡き志村さんがどんな存在だったのか今更だけれどすごく知りたくなって。ファンの人の、フジファブリックを、志村さんを知らない人たちにフジファブリックの、志村さんの曲を聞いて欲しいという声をたくさん見たので、フジファブリックの存在しか知らなかった私はすごく入りやすくて。っていっても全然、これでフジファブリックを知ったなんて到底口が裂けても言えないけれど。本当に本当に今更でこんな場所で申し訳ないのはわかっていますが、ご冥福をお祈りいたします。もしもこの話題を私が掘り下げてしまったのなら申し訳ない、すみません。私なんて本当に何も言えない立場だけれどさ、儚いものって本当に儚いものなんだなって思いました。怖いんだよね、こういうことが実際こうやってあるんだからね。

音楽 comments(0) -